輪行を考え始める

2018年1月4日(後追いで記述中)

所用があり杉並区高円寺へ遠出。

越谷~安行を通って埼玉高速鉄道の新井宿駅辺りで岩槻街道に入り南下。新荒川大橋で荒川と隅田川を一気に渡り赤羽、環七へ出て高円寺へ。

総じて本日の行程で走りやすい通りはなかった。唯一赤羽駅付近は自転車レーンがあったかな(?)。特に岩槻街道は車道と歩道が隔絶されており、一旦車道に降りるとなかなか歩道には戻れなくなるような感じ。安全とは言い難いのでずっと歩道を走行。

環七に入ってからは上り基調。電子国土Webの地理院地図で調べると、高円寺付近は標高約42m。春日部の4mからするとやはりある程度高い。

また、環状線を自転車で走るのは初めてだったが立体交差が多い。そのまま上の車道を行ってしまう人もよくいるが、そこまでの気概は無いので側道へ。ただ側道はやはり面倒。自転車を降りて押す形になることもしばしば。

環七も区間によっては車道に自転車用のペインティングがあるが、道幅も狭いし交通量も多いので、あまり落ち着いては走れない。

そして思ったのは同じコースを往復する際の行きと帰りのモチベーションの差。“行きはよいよい帰りは怖い”の真意はよく分からないが、自転車での遠出においては、行きは未知の通りを走り進む楽しさが先行するが、帰りはあまり面白くない。快適走行できる通りならば別だが。

考えてみれば日帰りで往復するためには半径50kmくらいに範囲が限られてしまい、そうなるとゆくゆくは“輪行”となるのが必然で、街乗りだとか欲張らずに輪行に適した構成で購入するのが正解なのでした。

また、日本一周旅行だとか長期間の旅をする方と、週末だけどこかに出かけるのでは、“旅”といっても装備に大きな違いが出ることが今更ながら意識されました。

春日部(武里)から高円寺まで2時間5分、往復走行距離70キロ。
やはり脚よりもお尻が痛い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です